医療関係者の皆さまへ

神経内科


神経内科は、脳、脊髄、末梢神経、筋肉のほとんどすべての疾患を扱います。しかし、よく間違われるのですが、精神機能を中心に心の世界の治療が専門である「精神神経科」や心と体の結ぶつきから起こる病気の代表である心身症を中心に治療する「心療内科」とは違います。心の問題はそれぞれの専門医の受診が必要です。


特徴

いわゆる神経難病であるパーキンソン病や脊髄小脳変性症などから脳卒中、手足のしびれなどを中心とする末梢神経障害、いろいろな原因で起こる筋肉の病気などを扱います。

当院では脳の画像診断である脳MRIや脳CTにはじまり脳波などの神経電気生理検査などが随時行われます。

しかし診断にとって最も重要な手がかりは、病気の経過の詳しいお話の聴取と丁寧な神経学的検査です。 神経学的検査では、頭から足の先まで神経の症状を調べる方法で、懐中電灯や打腱器や刷毛などを用いて調べる地味な検査です。 これが最も重要なのです。 また、いわゆる「へんな」症状は一目見るだけで診断のつくものもあります。 神経の病気は、非常に誤診されやすかったり、なかなか診断がつかないことも稀ではありません。 経過を観ないと解らないこともあります。

治療手段は主として、投薬とリハビリですが、血漿交換療法や点滴治療の必要な物もあり、神経ブロックが有効なものもあります。

診察スケジュール

担当医師のご紹介

とくもと かずき
徳元 一樹
部長 日本神経学会認定神経内科専門医・指導医
日本内科学会認定医
日本脳卒中学会脳卒中専門医
うえだ のぶひこ
上田 進彦
顧問 日本神経学会認定神経内科専門医・指導医
日本内科学会認定医

ページのTOPへ
  医療法人藤井会 石切生喜病院 〒579-8026  東大阪市弥生町18-28 TEL : 072-988-3121Copyrights2007(c) Ishikiriseiki Hospital ,All Rights Reserved