病院案内

病院案内

沿革

西暦  
1982年 7月 石切生喜病院開業(病床数159床・透析30床・診療科目8科)
伊藤 肇  初代院長就任
1984年 9月 第二病棟設立 253床に増床
1986年 7月 第三病棟設立 331床に増床
1990年 3月 山本 公作  第二代院長就任
1991年 5月 外科新館増築
1992年 3月 診療科目追加
婦人科・耳鼻咽喉科・眼科・皮膚科・循環器科・形成外科を増科
1994年 6月 山片 重房  第三代院長就任
1997年 9月 創立15周年記念誌出版
1999年 4月 開放型病床稼動
2000年 7月 第五病棟完成 新診察室診療開始
2002年 4月 第六病棟竣工
7月 創立20周年記念誌出版
9月 透析センター 100床に増床
2003年 4月 福富 經昌  第四代院長就任
既存棟改修工事竣工
高気圧酸素治療開始
10月 臨床研修病院に指定(大阪東臨床研修病院群)
乳腺頭頸部外科診療開始
2005年 8月 セカンドオピニオン外来設置
11月 第七病棟(リニアック棟)竣工
2006年 4月 リニアック治療開始
10月 PET-CT開始
2007年 4月 前田 行雄  第五代院長就任
2010年 10月 山本 久美夫  第六代院長就任
2011年 9月 呼吸器外科診療開始
正式に乳腺・頭頸部外科、呼吸器外科を増科し標榜科目20科
2012年 4月 消化器外科を増科し標榜科目21科