イシキリカルテ

イシキリカルテ

学会で発表してきました!!

  • 更新日:2017.03.17
先輩看護師メッセージ

2月24日25日に第32回日本環境感染学会総会・学術集会に参加してきました

今回病棟で取り組んだ「眼の曝露を防止するためのゴーグル導入について看護師の着用率向上」を

リンクナースがポスター発表を私は「介護職員の着用率向上と使用管理について」シンポジウムで

発表してきました。

久しぶりに感染管理の認定看護師教育課程研修中のリンクナースとも合流し楽しく情報共有しながら          

学会に参加することができました

感染予防対策は、現場のリンクナースと協働で取り組むことが重要です。

これからも活動の成果を学会等で報告し感染管理活動の動機づけに繋げていきたと思います

            2017最新 010.JPG

感染管理認定看護師 新井 さゆり

認定看護師

  • 更新日:2015.01.08
先輩看護師メッセージ

慢性心不全認定看護師の活動紹介をしますwink

H26年9月から認定看護師として、安定期、増悪期、終末期における患者の身体認知・精神の機能をアセスメントし患者様とその家族のQOL向上とケアの質の向上を目指し日々活動していますhospital 

 3階.jpg

火曜日、木曜日を慢性心不全看護認定看護師の活動日として実践・指導・相談を役割の柱として、院内の慢性心不全の患者様、外来通院中の患者様の生活指導を多職種と連携して行っていますsign03

認定看護師としてのバッジを胸に日々奮闘していますscissors

2名札.jpg

               

    循環器病棟 看護師長M

 

こんにちは。放射線看護師です。

  • 更新日:2013.08.08
先輩看護師メッセージ

みなさーん!! こんにちは。

暑い日が続いていますが、体調崩されてはいませんか?

いっぱい美味しいもの食べて、体力・気力つけましょうネ!

 

さて今回は、看護部放射線科からのお知らせです。

放射線科では、いろいろな検査・治療が行われていますが、心臓血管外科医師・CE・放射線検査技師とのチームワークで、月に数症例おこなっている「ステントグラフト内挿術」を簡単に紹介したいと思います。

 

3人画面見る.jpg

「ステントグラフト内挿術」とは、金属製の骨組みに支えられたグラフトを外科的に切開することなく、動脈瘤範囲内に留置する治療方法です。

血管壁を内側から補強し、動脈瘤破裂予防をします。

 

医師3人.jpg

鼠径部を小切開し、デリバリーカテーテルが大動脈内に挿入できるようにします。

血管造影法を使用し、位置調整を行いながらステントグラフトを展開します。

動脈瘤全長をカバーできているかの確認を行い、2~3時間で終了します。

 

医師2人と麻酔科jpg.jpg

清潔看護師が執刀医の横に立ち、進行状況をみながら必要な材料を予測し、医師の指示に直ちに対応できるよう介助していきます。

 

現在、当院放射線科には、IVR認定看護師が在籍しており、対応しています。

同じ看護師から見ても、とってもかっこいい~!!  です。

主任処置.jpg

ステント挿入画面.jpg

外科的治療と異なり、短期間での退院が可能となります。

私達放射線看護師は、患者さんが元気な姿で退院していく場面を目にすることは業務上無いのですが、先生から話を聞くと嬉しく思います。

 

全体集合.jpg

み~んな 仲良しです  m(^ ^)m /☆

♡感染管理認定看護師の活動報告♡

  • 更新日:2012.12.14
先輩看護師メッセージ

 

みなさんこんにちは、お元気ですか?冬到来ですね。感染管理認定看護師の新井です。

インフルエンザ・ノロウイルスが流行しやすい時期になりました。

健康管理は、大丈夫ですか?

私は、感染管理の仕事を専従でしています。少し専門的な、特殊な部分の仕事もありますが、やりがいのある仕事です。今日は、私の感染管理の活動を一部を紹介したいと思います。

<ICTラウンド>

ラウンド.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎週金曜日に、私と感染対策委員長で各病棟のラウンドを行っています。

リンクナース(感染担当看護師)と情報交換を行いながら患者様の対応方法や感染の原因追究を行っています。

<講習会>

講習1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講習2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感染管理講習会の風景です。

全職員、年に2回感染管理の講習会に参加しなければなりません。そのため、教育研修も含めると、今年は10回の講習を行いました。何回やっても、緊張しますね。季節や院内の流行に応じて、あるいは対策変更時など状況に応じた講習会の企画を考えています。

<物品導入>

物品 (2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感染管理に必要な物品導入は沢山あります。部署に応じた検討をしなければならないので時間もかかります。でも、とっても心強い資材部の皆さんとがんばって取り組んでいます。

☆プラスチックエプロンの導入☆

 

感染管理の資格を取得して3年、専従で活動を初めて1年目が立とうとしています。土台作りから始めていますが、日々、流行してくる感染症に対して対応を行いながら、並行して病棟の感染管理の対策や改善など日々忙しく過ごしています。学校でも多くの事を学びますが、現場では、さらに具体的な応用力が求められ試行錯誤しながらがんばっています。でも、自分が好きな専門の仕事ができることは、本当にやりがいがあります。5年後どれだけの変化をもたらすことができているのか、楽しみに頑張っていきたいと思っています。みなさんも、看護師になって5年後の未来を想像しながら試験勉強に頑張ってください。応援しています。

 

感染管理認定看護師 新井 さゆり

新人看護師メッセージ

  • 更新日:2012.06.04
先輩看護師メッセージ

循内心外病棟垣内梨江 .jpg私が学生の時に祖母が石切生喜病院に入院・手術した際に、病棟看護師が、祖母や私たち家族に本当に親身に対応してくださり、この病院に興味を持ちました。その後、病院見学をさせてもらい、病院の概要はもちろん、看護部長さんから看護部について、新人教育について、またどのように行われているかなどの詳しく説明を受けて、私はいくつかの病院の説明会に行きましたが、その中でも看護部長さんの看護に対する思いがとても伝わり、この病院に就職することに決めました。

石切生喜病院は、急性期病院なので、常に緊張感をもった現場で働いていますが、その分食事や休憩の時間でリフレッシュしています。私が配属されている循環器内科・心臓血管外科病棟は師長さんを中心に笑顔が絶えない明るい病棟で看護師だけでなく、医師やヘルパー、クラークなど他職種と連携し、仕事をしています。一年間、新人教育研修で基礎看護技術を身につけ、早く先輩たちのような看護師になれる様頑張ります。


循環器内科・心臓血管外科病棟   垣内 梨江

1年間を振り返って

  • 更新日:2012.06.02
先輩看護師メッセージ

1年間あっという間に過ぎました。外来・救急外来部門 山口 茜.jpg

外来部門は大変忙しく、1年経った今でも、各診療科の診察介助や救急外来での対応など毎日が勉強の日々です。

入職当初は仕事の事でなかなかうまく相談できず、辛い時期もありましたが、同じ寮で生活する同期の仲間や外来の先輩方などに次第に何でも話せるようになり、今となっては、毎日楽しく働く事が出来ています。

外来部門はほぼ全ての診療科について学ぶ事が出来るし、救急外来では救急看護を学ぶ事ができるので、自身の知識や技術の向上に繋がります。まだまだ2年目で未熟ですが、先輩の様に臨機応変に動ける看護師を目指し頑張ります。


外来・救急外来部門   山口 茜






先輩看護師メッセージ

  • 更新日:2012.05.18
先輩看護師メッセージ

緩和ケアチームweb.jpgがん患者様の疼痛・苦痛に対し様々な面からアプローチを行い苦痛の緩和に努めています。

緩和ケアチームを立ち上げ、各科の医師・看護師・薬剤師と共にカンファレンスを行い、院内の緩和ケアの充実に向け活動を拡げています。



6病棟7階(外科・婦人科系) 主任代理  山下るり子

先輩看護師メッセージ

  • 更新日:2012.05.18
先輩看護師メッセージ

感染管理認定看護師web.jpg2012年の診療報酬改定により、感染防止対策に関する加算が新たに追加されることになりました。そのため、感染防止対策室を開設し感染管理認定看護師として専従で感染管理活動を行っています。兼任から専従へ活動がかわることで、病棟からのコンサルテーションをリアルタイムに対応できるようになりました。また、感染管理に必要な活動計画を再度見直し、各部署長の協力を得ながら感染管理の活動を行っています。専従という新たな道で、不安と責任を感じています。しかし、感染管理認定看護師という資格を活かして、感染対策チーム(ICT)・看護部リンクナースと連携しながら、病院感染の効果的な予防および管理を実践し、施設の中心となって感染管理を推進していきたいと思います。


感染防止対策室 看護部 主任 新井 さゆり

新人看護師紹介

  • 更新日:2012.04.23
先輩看護師メッセージ
今年、石切生喜病院には21名の平成24年新卒看護師が入職しました。
出身地や学校もそれぞれ違いますが、皆すぐに仲良くなりお花見にも出かけたそうです。
今日はその新人さんたちを一部紹介いたします。


松葉 捺希さん(宮崎県 鵬翔高等学校) 呼吸器・眼科病棟松葉捺希web.jpg

・一人暮らしはどうですか?(寮での暮らし)
自炊が大変ですが、部屋の広さが丁度良いので住みやすいです。
毎日ワクワクしています!!

・大阪はどのような印象ですか?何をしてみたいですか?
大阪弁での会話を聞いているとテレビを見ているみたいです。
仕事をいっぱい頑張って、大阪でアーティストのLIVEに沢山行きたいです。

・なぜ看護師を志しましたか?
両親が看護師として働いている姿に憧れていたからです。

・あこがれる先輩はいますか?またそれはどんな人ですか?
仕事と休憩のときの切り替えや、患者様やそのご家族の方への思いやり、テキパキした仕事振りに憧れます。

・今後の夢。
患者様とそのご家族の方に安心され、スタッフの方からも信頼される看護を提供できるように頑張りたいです。






山本 雅子さん(奈良県 白鳳女子短期大学) 呼吸器・眼科病棟山本雅子web.jpg

・通勤はどうですか?(通勤時間  45   分)
混雑している電車の中から解放され、病院までの道を10分間歩いてるときがリフレッシュ出来て楽しいです。でもまだまだ慣れないことばかりで、電車内では毎日ドキドキしています。

・実際に看護師として働いてみてどうですか?
実習の時よりも一人の患者様と関る時間はとても短いですが、先輩に付いて様々な患者様の看護をさせていただけて、とても勉強になっています。時間内に業務を済まさなければならない大変さに今は圧倒されます。

・あこがれる先輩はいますか?またそれはどんな人ですか?
6病棟の先輩たちは皆さんそれぞれ素晴らしい所があります。とても優しいですが、時に厳しく、仕事をされている姿は素敵で憧れます。

・なぜ看護師を志しましたか?
人と関わり、人の助けになる仕事がしたいと思い志しました。






松本 奈津美さん (大阪府 河内長野専門学校) 外科・婦人科・乳腺外科病棟松本奈津美web.jpg

・当院を選んだ理由
昔から石切生喜病院の近くに住んでおり、身近に思っていたから。

・実際に看護師として働いてみてどうですか?
まだ働き出したばかりで、毎日覚えることがいっぱいです。
私の先輩みたいな看護師さんになりたいです。

・どんな看護師になりたいですか(理想の看護師像)
優しくて、信頼される看護師さんになりたいです。

・今後の夢
自分の「看護」を自信をもって行えるように、いっぱい勉強して、いっぱい吸収していきたいです。






喜屋武 ゆりかさん(沖縄県 北部地区医師会北部看護学校) 呼吸器・眼科病棟喜屋武ゆりかweb.jpg

・大阪のどこに遊びにいきましたか?
主任から大阪城の花見は綺麗だよ?と勧められ、大阪城に花見にいきました。

・大阪の印象はどうですか?
人口が多い!話すスピードが速い!みんな面白い!

・一人暮らしは(寮生活)はどうですか?
同じ寮に同期がいっぱいいるので楽しいですし、安心します。

・今後の夢
同期と一緒に勉強などを頑張って、看護師としての技術を身につけて、患者さんに良い看護を行っていきたいです。看護師になって良かったと思えるようになりたいです。







平生 桃子さん(熊本県 出水中央高等学校) OPE室平生桃子web.jpg

・一人暮らしはどうですか?(寮での暮らし)
家事などは大変ですが、部屋は広くて綺麗で楽しいです。友達も同じ寮にいるので寂しくないです。

・大阪はどんな印象ですか?何をしてみたいですか?
電車が多くて便利でした。好きなだけ買物をしてみたいです。あとお笑いを見に行きたいです。

・看護師を志した理由
母が看護師だったので、すすめられて看護師を目指しました。

・あこがれる先輩はいますか?またそれはどんな人ですか?
OPE室の先輩はみなさん優しくて仕事もテキパキされているので、憧れます。
休憩中も面白くて楽しいです。

・今後の夢
たくさんOPEについて学び、患者様に安心して手術を受けていただけるようなOPE室看護のスペシャリストになりたいです。





久岡 知世さん(高知県 高知中央高等学校) 外来久岡知世web.jpg 

・なぜ当院を選んだのか
看護理念である「愛情-信頼-奉仕」という言葉に魅力を感じ、私のこのような現場で働けれたらと思い、希望しました。

・一人暮らし(寮での生活)はどうですか?
今まで親にやってもらっていたことを自分で全部しなければならないという環境におかれ、親の有難さが分かりました。

・実際に現場に出てみてどうですか?
現場の雰囲気にまだ慣れることができず、戸惑うことばかりです。

・どんな看護師になりたいですか
マニュアル通りの看護を提供するのではなく、患者様一人一人に合った看護を考えることが出来る看護師になりたいです。

・今後の夢
早く現場の雰囲気に馴れて、与えられた仕事だけをするのではなく、常に物事に対して疑問を持つことを忘れないようにしたいです。そして先輩方のように素早い行動ができるようになりたいです。







出会いの季節が楽しみです。

  • 更新日:2012.03.26
先輩看護師メッセージ

少しずつ暖かくなってきたかな・・・と思ったら、また寒いですね。

九州では、黄砂も飛んできたとのこと。

私は、数日前から花粉症に悩まされて、一晩でティッシュの山ができています。。。

みなさんは、元気でお過ごしですか?

 

さて、今回も手術室からのお知らせです。

今回受け付けは、春まっただ中をイメージした桜の中に「前進あるのみ!!」と進んでいく汽車をイメージしています。

 

 

 

OPE受付.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






さて、ちょっと手術室の雰囲気をのぞいてみてください。

毎日、毎日患者さんが早く楽になっていただくことが、何よりも喜びの一つであり、チーム一同取り組んでいます。

 

「元気になりました」「きょう退院なんです。ありがとう」という声を聞くことが、

私たちの励みにもなっています。

 

 

 

OPE風景.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



~ この前のお休み、久しぶりに近くの公園に行ってきました ~

 今年は、桜の開花が遅いみたいで・・・

     でも、綺麗でしたヨ!!

 

3月というと、旅立ちの季節です。

でも、来月4月は、出会いの季節です。

 

新しい同僚と共に歩んでいける日々を楽しみにしていまーす。

                     手術室 T でした

 

 

梅の花.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

菜の花.JPG