看護研修

専門コース
研修名 認知症看護
ねらい 認知症患者の基本的な看護知識が修得できる
目標 1.認知症の現状と病態がわかる
2.認知症患者とのコミュニケーション方法がわかる
3.認知症に対する倫理的配慮がわかる
内容 講義

研修名

褥瘡ケア・スキンケア
ねらい 褥瘡ケアの基本を理解し、予防ケアの実施及び早期治癒を目指したケアの提供ができる
目標 1.褥瘡対策の必要性を理解する
2.褥瘡の概要を理解し、予防ケアが実践できる
3.褥瘡の治癒過程を理解し、薬剤・ドレッシング材の選択ができる
4.褥瘡の全身的アセスメントができ、他職種との連携が図れる
5.スキンケアを学ぶことで、褥瘡予防につなげることができる
内容 講義

研修名

ストーマケア
ねらい ストーマ造設前後の基本的ケアを理解し、患者が安心して退院できるように指導ができる
目標 1.ストーマの基本を理解し、造設患者への適切な指導ができる
2.合併症を理解し、異常の早期発見ができる
内容 講義

研修名

感染管理
ねらい 医療器具・処置関連感染予防策の必要性を知る
目標 何故その処置や対策を実施しなければならないのか理解することができる
内容 講義

研修名

慢性心不全看護
ねらい 慢性心不全看護に必要な基本的治療・検査について知識を学び、看護実践に活かすことができる
目標 1.慢性心不全患者の治療(内服・ASV・心臓リハビリテーション)について理解し、看護実践に活かすことができる
2.慢性心不全の検査について理解し、病態のアセスメントの方法を学ぶことができる
内容 講義

研修名

がん性疼痛緩和
ねらい 1.がん患者の苦痛をトータルペインとして捉えることができる
2.がん患者の疼痛治療がわかる
3.がん患者の症状アセスメントを行うことができる
目標 1-1.がん患者の4大苦痛がわかる
1-2.トータルペインの意味がわかる
2-1.痛みの定義、治療の除痛メカニズムの違いがわかる
2-2.痛みの種類にあった鎮痛剤を使用しているかアセスメントできる
3-1.身体症状のアセスメントができる
3-2.がん患者の特徴を踏まえたアセスメントができる
内容 講義

研修名

がん化学療法看護
ねらい がん化学療法看護に必要な専門的知識を習得し、実践能力の向上を目指す
目標 1.がん化学療法の基礎がわかる
2.がん拠点病院の役割りがわかる
3.がん化学療法のレジメントが理解できる
4.有害事象の対処法が理解できる
内容 講義

研修名

フィジカルアセスメント(脳神経)
ねらい 脳神経のフィジカルアセスメントが理解でき、看護実践に活かすことができる
目標 1.脳神経のメカニズムがわかる
2.脳卒中について理解できる
3.意識レベルの評価についてわかる
4.せん妄について理解できる
内容 講義

研修名

摂食・嚥下障害看護
ねらい 摂食・嚥下障害のある患者の看護が理解でき、看護実践に活かすことができる
目標 1.摂食・嚥下機能について理解できる
2.食事介助の基本がわかる
3.口腔ケアについてわかる
内容 講義