事務部

医療安全管理室

医療安全管理室
室長:
白石 友邦(副院長)

特徴

石切生喜病院では、安全な医療を提供するために、医療安全管理委員会と医療安全管理室を設けました。また、石切生喜病院 医療安全管理規程と事故防止マニュアルを作成し、医療安全の強化に努めています。

医療安全管理委員会とは?

どうすれば患者さまが『安心して受けられる、安全な医療の提供』を実施できるか?を考える組織として医療安全管理委員会があります。
メンバーは、医療安全管理担当副院長・診療部長・看護部長・薬剤室室長・事務部長・医療安全管理者です。また、相談役として、石切生喜病院院長と事務局長が加わります。

医療安全管理室とは?

医療安全管理委員会で決定した方針を、職員へ伝達し安全管理を実行するために医療安全管理室があり、医療安全管理を進めるために医療安全管理室に医療安全管理者をおきます。
医療安全管理者は『安心して受けられる、安全な医療の提供』のために何をしたらいいのか?を医療安全推進担当者を通じ、職員の皆に教えます。また、ヒヤリ・ハット(事故にはならなかったけど、ヒヤッとした!とかハッとした!体験)を報告してもらい、何が原因でヒヤリ・ハットが起こったのか考え、大きな事故につなげないためには、職場内の何を改善すればよいかを皆で考え、実行していくことが大きな仕ことです。
また、医療事故が発生した時には、直ぐに医療事故の発生状況を調査し、定期的に事故防止の研修なども行います。

医療安全推進担当者(リスクマネージャー)とは?

部署(医局・各病棟・外来・放射線検査室・リハビリテーション・検査室など)ごとに『医療安全推進担当者』を置き、医療安全管理室の指示を受け業務します。
職場内で医療事故の原因と防止方法について考えたり、ヒヤリハットの報告内容の分析を行ったり、業務開始時の事故防止のためのミーティングをしたりします。

医療安全管理室では、愛情・信頼・奉仕の理念の基、医療安全に取り組んでおります。