患者さまへ

腰・背中

腰が痛む(腰痛)

腰の痛みの多くは腰の骨(腰椎)の異常による整形外科的疾患ですが、全身的な疾患や内臓の病気の一つの症状として現れることもあり、また女性のみに特有な疾患のこともあります。

  1. 腰椎の異常
    変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症、腰椎圧迫骨折および外傷、脊椎カリエス、骨そしょう症などがあげられます。これらの異常では、変形した骨が脊髄神経を圧迫して痛みを感じると考えられ、腰痛を訴える患者さまの約半数を占めます。
  2. 腰部の筋肉に由来する痛み
    腰部捻挫など筋肉と筋膜が原因の痛みです。
  3. 静力学的腰痛症
    難しい言葉ですが、長時間同じ姿勢を続けたり、同じ仕事を続ける時の腰痛をいいます。体を支える背筋や腹筋、殿筋、大腿四頭筋などが衰えたり、過労によって痛みを感じるようになります。

以上のようなタイプの腰痛は整形外科で診療します。 安静、理学療法から手術の必要な場合までさまざまです。

  1. 全身疾患の一症状
    糖尿病、アルコールやニコチンの慢性中毒、急性感染症(風邪を引いた時に腰が痛む)などがあります。腰椎のがんの多くは他臓器からの転移によるもので、腰痛が初発症状として発見されることもあります。
  2. 内臓疾患による腰痛
    尿路結石、胃十二指腸潰瘍、胆石症、骨盤腹膜炎、遊走腎などの内臓疾患があると、内蔵知覚神経反射として腰痛が起こる場合がありますので内科、消化器科、外科、泌尿器科などで原因を追及することが必要になります。特に女性特有の疾患としては更年期障害、子宮筋腫、子宮内膜症や卵巣腫瘍などが腰痛の原因としてあげられます。婦人科を受診してください。

背中が痛む(背部痛)

「背部痛」と聞くと、何となく固苦しい感じがしますが、「背中の痛み」のことです。通常は背中にある臓器または近くの臓器にその原因を見つけることができますが、背中の痛みは、時として、お腹の痛みが背中に伝達してくることもあります。
「背部痛」をきたす代表的な疾患には次のようなものがあります。

  1. 大動脈瘤
    動脈瘤は、解離性大動脈瘤(大動脈壁が裂けて瘤を形成している)と真正動脈瘤(動脈そのものが瘤化している)の2種類あり、背部痛が生じるのは大動脈が解離している時や、動脈瘤が破裂したり、破裂しそうになっている時で、命に関わる状態です。突然の激痛で脂汗を伴うことが多いようです。外科、心臓血管外科あるいは救急外来を受診してください。
  2. 脊椎疾患
    痛みに一致した高さの骨折、脱臼、化膿性脊椎炎、脊椎カリエス、椎間板ヘルニアなどの整形外科的疾患にも背部痛が見られます。
  3. 気胸
    胸に空気がたまった状態で通常は呼吸困難、胸痛を生じます。呼吸器科、外科を受診します。
  4. 膵炎、胆嚢結石
    腹部疾患の背部への放散痛として見られます。まずは消化器科へご相談ください。
  5. 尿管結石、腎結石
    さしこむ痛さで腰痛が主ですが、背部への放散痛があります。泌尿器科受診が必要です。
  6. 帯状疱疹
    肋間神経に沿った痛みがありますが、発疹を伴っています。皮膚科を受診してください。