患者さまへ

患者さまの権利について

患者さまの権利に関する宣言

すべての患者さまは、「医療の中心は患者さまである」という理念のもとに、人間としての尊厳を保ちながら最善の医療を受ける権利を持っています。また、より良い医療を作り上げていくためには、患者さまと医療従事者がお互いの信頼関係に基づき、両者が協力してその実現を目指す必要があります。
石切生喜病院は、このような考えに基づき「患者さまの権利に関する宣言」を制定しました。病院の職員一人ひとりがこれを守り、患者さまが主体的に医療に参加することを支援します。

  1. 個人として常にその人格を尊重される権利があります。 個人として常にその人格や価値観などが尊重され、医療従事者との相互協力関係のもとで医療を受けることができます。
  2. 良質な医療を平等に受ける権利があります。 社会的地位、民族、国籍、宗教、信条、性、障害の有無に関わらず、すべての患者さまは平等に良質な医療を受ける権利があります。
  3. 病気のこと、検査、治療方法、見通しなどについて、理解しやすい言葉や方法で、納得できるまで十分な説明と情報を受ける権利があります(十分な説明と情報を得る権利)。 医療者は患者さまとの良好なコミュニケーションを大切にし、わかりやすい言葉や方法で患者さまが理解し納得できるまで十分な説明や情報を提供します。もし、わからないことがあれば、納得できるまでご質問ください。
  4. 十分な説明と情報提供を受けたうえで、自分の意思で治療方法などを選択する権利があります(自己決定する権利)。 十分な説明と情報提供を受けたうえで、どのような検査や治療を受けるかを最終的に決めるのは、患者さまです。医療者は、単に医療情報を提供するだけではなく、適切な医療水準を踏まえて、常に患者さまの利益を考えながら患者さまが自分で決定できるように支援します。 なお、その際には、他の医療機関の意見(セカンド・オピニオン)を聞きたい希望も尊重します。
  5. 自分が受けたい医療について知る権利があります。 患者さまは、自分が受けた医療について知る権利があります。患者さまからの要求があれば、「診療情報の提供に関する規定(診療記録等の開示)」に基づき、診療記録の開示を行います。
  6. 診療過程における個人情報の秘密が保護され、患者さまにはプライバシーを侵害されない権利があります(個人情報が守られる権利)。 診療過程で得られた患者さまの個人情報が流出しないように、職員は厳重に保護する義務があります。また、患者さまのプライバシーが保護されるように十分な配慮がなされなければなりません。
  7. 研究途上にある医療に関しては、その目的、方法、危険性などについて、十分に説明を受け理解した上で、それを受けるかどうかを自由に決める権利があります。 薬の治験や、研究途上にある治療について、十分な情報提供を受け、その医療を受けるかどうかを自由に決める権利があります。これらの医療は、患者さまの同意なしに行われることはなく、また一旦参加したあと気が変わって途中でやめても、治療上不利な扱いを受けることは一切ありません。これらの医療の実施については、当院内の倫理委員会や治験審査委員会の審議を経るなどの適正な手続きに努めています。

患者さまへのお願い

  1. 病院のルールを守り、他の患者さまの治療や職員の診療業務を妨げないようにお願いします。
  2. 症状や健康に関する正しい情報を医療者に提供してください。
  3. 自ら決定した治療方針に沿って、医療者とともに病を克服する姿勢で取り組んでください。
  4. 医療スタッフの説明がよく理解できない場合は、納得できるまでお尋ねください。どうしても納得できない場合は、他の病院の医師に意見を求めることをお勧めします。
  5. 医療の安全性を高めるために最大限の努力を行っていますが、あらゆる医療行為には予測できないさまざまな危険を伴います。意図せざる結果が生じる可能性もご理解ください。
  6. 患者さま中心の医療を実現するため、過剰な投薬や不必要な入院等を避けるようにご協力ください。
  7. 当院は臨床研修病院として、卒前・卒後研修教育を担っております。厳重な監督の下に研修を行っておりますので、ご理解・ご協力をお願いします。

石切生喜病院では、より多くの患者さまが適切な医療を受けられるように努めております。そのため、患者さまは他の患者さまの治療や職員の診療業務に支障を与えないようにご配慮をお願いします。また、病院では通常の社会生活にはない制約を受ける場合がありますので、ご理解ください。
石切生喜病院では、これらの権利を守るために、委員会を設置しています。この「患者さまの権利に関する宣言」について、お気付きの点がございましたら、病院相談窓口まで、ご遠慮なくお申し出ください。