診療技術部

抗がん剤治療における当院での薬剤師の仕事

外来化学療法室

外来化学療法室には専任の薬剤師が勤務しています。
抗がん剤調製をはじめ、患者さまへ投与される抗がん剤の投与スケジュールや副作用などの説明を行っています。また、投与を継続する中で現れる副作用や患者さまの訴えの確認を行うことで重症化を防ぎ、継続して安全な薬物治療を受けられるように支援します。

投薬管理

入院・外来にて抗がん剤治療を受けられる患者さまの処方の投与量・間隔・種類等の確認を行います。薬剤によって、体重で投与量が決まるもの、体の大きさで決まるもの、体重や体の大きさに関わらず一定の用量のものもあり、投与前に確認をしっかり行うことで安全で確実な薬物治療を推進しています。また、抗がん剤だけでなく、付随する薬剤、例えば吐き気止めやアレルギー、副作用対策の薬剤が処方されているかなどもしっかり確認します。

レジメン管理

カンファレンス

当院の抗がん剤治療のレジメン(治療のスケジュール)は、すべて医学・薬学的に有効性や安全性が証明されたものを用いています。すべてのレジメンが、当院レジメン登録審査委員会での審査・承認を受けています。薬剤師が当委員会で審査を受けるレジメンの文献収集や査読を申請医師の代わりに行うこともあり、登録・管理業務を行います。新薬・適応追加等の情報収集を細目に行い、最新の情報を逐一確認するように心がけています。

がん患者指導

勉強会

抗がん剤の投薬又は注射を受けられる患者さまに、主治医の指示に基づき薬剤師が抗がん剤について詳しく説明を行います。外来化学療法室で治療を受けられる患者さま、乳腺外科外来ではホルモン剤治療を中心に内服治療を開始される患者さまに説明を行っています。マンパワー不足で指導業務が限られていますが、将来的には全ての患者さまに介入できるようにしていきたいと考えています。

学術活動・教育

化学療法に従事する薬剤師を中心に院内で自主的な勉強会を行い知識の向上に努めています。また院外で行われる講演会や学会にも参加し、学会発表も積極的に行っています。現在、がん薬物療法認定薬剤師が1名在籍していますが、認定取得者が更に増えることを目指して若手の教育も行っています。